西粟倉村の甘くて美しいお米「あわくら源流米」令和2年産の新米を先着1000名様にプレゼント!!

キャンペーン期間中に下記リンクよりご応募いただいた先着1000名様に、西粟倉村産「あわくら源流米」を2合プレゼント!!

ごはん好きはもちろん、なかなかごはんがすすまないお子様にも好評。小粒で透明度が高く、甘みが強いお米を是非ご賞味ください。

※プレゼントするお米は、「白米」と「玄米」からお選びいただけます。

※品種は「あきたこまち」と「コシヒカリ」のいずれかをこちらで選んでお届けします。予めご了承ください

【応募条件】

西粟倉アプリ村民票をダウンロードして会員登録していただける方

※新規で会員登録した方には、1日〜2日以内に応募フォームのご案内をアプリ経由でお送りします。

※既に会員の方はアプリ内のお知らせ通知をご確認ください。

【応募期間】

2020年11月15日(日)23:59まで

※なくなり次第終了します

Androidアプリのダウンロードはこちら

あわくら源流米ってこんなお米です。

甘みが強くなるヒミツは昼夜の寒暖差

お米の甘みは、日中に蓄えられるデンプンによってつくられます。しかし、夜の気温が高いと消費されてしまい、味が落ちてしまいます。

西粟倉村は、標高が高く、夜の気温がぐっと下がるため、昼夜の寒暖差が大きい土地です。昼間に蓄えられたデンプンをしっかりと保ち、甘みの強い美味しいお米が実ります。

美しいお米を実らせる源流の水

村の約93%を占める森林に蓄えられた水が清流となり、 豊かな農産物を育んでくれます。 あわくら源流米は、冷たくきれいな水によって、 水晶のように小粒で透き通った美しいお米になります。

食味値80点以上、厳選したお米をお届け

「あわくら源流米」は、 ”食味値80点以上”のものだけをお届けします。

食味値は「美味しさ」を表す指数の一つ。 タンパク質などの成分を測定し、100点満点で値を出します。 65点前後が標準、70点以上になると良質米と言われる中、 「あわくら源流米」は、80点以上の食味値であることを確認。 中には90点を超えてるものもあります。

いい米をつくりながら、村の景観も守る

村内には兼業農家も含め、約60件の米農家さんがおり、 自家用・親戚用にと手塩にかけて代々米づくりをされています。
しかし、高齢化や後継者不足で田んぼを持っていても 米作りを続けることができない人が年々増えています。 また、米作りをしていても、高額な農機具や多くの手間を要する作業は、 自分たちでは出来ないという方も多くおられます。

それらの担い手としてお米作りを支え、村の景観を守りづづけている農家グループが「あわくら米米倶楽部」です。
美味しいお米をさらに美味しく、安全にお届けできるよう、「あわくら米米倶楽部」のみなさんで石抜き、乾燥調製、籾摺り、色彩選別などをしっかり行っています。

限りある源流でできるお米をぜひ一度ご賞味ください。

【インタビュー】

美味しいお米を届け続けることは、村の未来を繋げていくこと

西粟倉村産「あわくら源流米」
新米
2合(300g

■名称:精米もしくは玄米

■産地:岡山県

■品種:あきたこまちもしくはコシヒカリ

■産年:令和2年度

■使用割合:単一原料米

■内容量:300g

■注意事項

・美味しく召し上がっていただくため、到着後1ヶ月以内の消費をお勧めいたします。

・直射日光を避け、風通しがよい冷暗所で保管ください。